ちょっとしたお知らせや日々のこと

3度目の水辺バル

先週のバルはしごから一週間。やってきました水辺バルです!

大阪水辺バル

水都フェス大阪のプログラムの一つ、水辺バル!
大阪の強烈な個性「舟」と「水辺のまちの魅力」を組み合わせた、まちと川を巡る新たなまちあそび。
川と陸を結ぶ地点・船着場を中心として、天満橋、北浜・淀屋橋、東横堀、中之島GATE、道頓堀、大正の6つのエリアを船でめぐり、飲食メニューや水辺のプログラムなど、各エリアが準備するおもてなしメニューをはしごします。
舟でゆらゆら、知らなかった大阪の魅力を発見してみませんか?

九州からのお客さんも迎え、バード7人チームで行動です。
水辺バルの醍醐味はクルージング。今年も天満橋の八軒家浜からスタート!

の前に、おなじみの竹井屋さんの生パスタでしっかり目の腹越しらえ。

食べ終わるとすっかり日も沈みかけ、大川がとても綺麗な色になっていました。
目指すは日本橋の船着場です。

東横堀は高速の高架下を進んでいきます 。
普段とは違った景色にあっち見たりこっち見たりと盛りあがります!

船着場に着いた頃にはすっかり日も沈み、綺麗なイルミネーションが迎えてくれました。

ここではお店には入らず、10分後に出発する船で大阪ドーム岩崎港を目指しました。
それもそう、この便がなんと、数少ないジャズ演奏付きのクルーズなんですね!
生の演奏を聴きながら、陽気に船は進みます。

船を降りた先は、リトル沖縄と名高い大正区です!
去年経験したディープさにハマってしまい、今年もやってきました!
まずは川辺のお店に入店。前菜盛り合わせとドリンクを頂きました。

続いて駅前のディープゾーンに向かいます。
去年お邪魔したお店は閉店時間で入れませんでしたが、近くの焼き鳥屋さんへ入店。
ここも個性豊かなお店で、隣の人間国宝さんに認定されたほど。
その際に話題になった「10円鶏スープ」。人数分頂きましたが、計70円。安すぎる…!
クルージングで体が冷えきっていたこともあって、癒される逸品でした。
バルメニューも美味でした◎

 残りチケットが僅かだったので、移動せず大正でもう一件。
ミートパイとドリンクを提供していたお店に入店。
大正らしからぬ(?!)オシャレな雰囲気の店内にある石釜!
ここで焼かれたアツアツのパイも美味しかったです。

水辺バルは食べるのももちろんですが、クルージングを楽しむことで他のバルとは違いを感じていただきやすいものだと思います!
今年は10/26に2日目の水辺バルが行われますので、ご興味持たれた方は行かれてみてはいかがでしょうか◎
夜のクルージングは冷えますので、上着は必ずお持ちくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。